ケアマネージャーとは?介護の調整役・介護支援専門員について

ケアマネージャーとは、正式には介護支援専門員と呼ばれる、高齢者や障害を持つ方の自立した生活を支える介護業界で働くスタッフです。ケアマネージャーは国家資格ではありませんが、各都道府県が試験を行い、介護福祉の資格としては難易度が高いと言われています。個々の介護サービス利用者のためにケアプランを作成すること、関係各所との連携・調整を行うことが主な役割です。

介護の調整役・ケアマネージャーについて

介護 求人 栃木,有料老人ホーム 栃木

ケアマネージャーとは、高齢の方や障害を抱える方が自立した生活を送ることをサポートするスタッフで、介護支援専門員という正式名称で呼ばれることもあります。ケアマネージャーは、各都道府県が試験を行う、介護福祉関連資格としては、難易度の高い資格です。要介護認定され、介護保険サービスを利用する際に、今後の介護スケジュールと呼べる「ケアプラン」を作成しますが、ケアマネージャーのメインの仕事は、このケアプランの作成です。ケアマネージャーは、自宅訪問による要介護者の心身状態の確認も行いますが、この際、リハビリなどがケアプランどおりに進んでいるか、目標は達成されているか、などをチェックし、必要に応じてケアプランの修正も行います。
また、ケアマネージャーは、介護サービス事業者、自治体など関連各所との調整役的な仕事をこなします。そのため、介護や社会福祉に関する幅広い知識を身につけている必要があります。なお、この記事では「ケアマネージャー」と表記しますが、正式には「ケアマネジャー」です。

ケアマネージャーがいる場所

ケアマネージャーは、介護保険法にて定められている施設に所属して働くことになっています。「居宅介護支援事業所」「介護予防支援事業所」「グループホーム」「介護保険施設」などがその定められた施設にあたります。

ケアプランの作成

ケアプランは、介護サービス利用者が持つ課題を分析し、目標を設定して介護サービスを進めていく、いわば一人の介護サービス利用者のためのスケジュールです。ケアマネージャーは、定期的に利用者を訪ねて状況を確認。スケジュールどおりに事が進んでいるかをチェックします。ちなみにケアプランの作成ができるのは、ケアマネージャーの資格を持った人物だけです。

要介護認定業務

ケアマネージャーは、市町村からの委託で要介護者を訪問して、心身状態のチェックを行います。また、サービスの更新申請など、書類に関する業務も併せて行います。

サービス利用者本人と家族からの相談受付

サービスを利用する要介護者や、その家族からの相談を受け付けるのもケアマネージャーの仕事です。

給付管理

ケアマネージャーは、介護保険の支給限度額や、利用者負担額の計算もします。そのほか、サービスの利用票や給付管理票の作成と提出も行います。

ケアマネージャーのそのほかの役割

ケアマネージャーの役割は多岐にわたります。ご紹介した内容以外にも、たとえば、要介護者に、地域でのさまざまな活動への参加促進、生活の苦しい利用者には生活保護申請をサポートしたり、配食サービスを紹介したりと、「介護の支援」という枠を超えた役割を担うこともあります。

ケアマネージャーになるには

介護 求人 栃木,有料老人ホーム 栃木

ケアマネージャーとして登録され、実際に働くためには、各都道府県が行っている「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格してから、「介護支援専門員実務研修」を受講し、さらにレポートを提出しなければなりません。
介護支援専門員実務研修受講試験を受ける際は、受験資格を満たす必要があり、特定の法定資格を持ち、実務を5年以上経験しなければなりません。「介護福祉士」「社会福祉士」「理学療法士」「作業療法士」「医師」「看護師」など、多くの法定資格が該当しますが、実際、合格者の約半数は介護福祉士で占められています。
ケアマネージャーの資格取得において、学歴は特に関係ありませんが、受験資格となる資格を取得するうえで、高校や大学を卒業していなければならない場合もあります。年齢についても特に制限はありませんが、実務経験を必要とするため、現実的には学生、未成年はケアマネージャーになることはできません。
介護支援専門員実務研修受講試験は、介護関連の資格では難しい部類に入る試験です。合格率は毎回変動しますが、近年は10~20%程度となっています。ちなみに介護福祉士の試験の合格率は60%程度ですので、この数字を見ても、ケアマネージャーの資格試験がかんたんな試験ではないことはおわかりいただけるでしょう。

ケアマネージャーの資格をとるメリット

ケアマネージャーは難関資格ですので、取得することで得られるメリットもそれなりに大きくなります。実際、介護福祉士とケアマネージャーでは、4万円程度給料に差が付くこともあるようです。もちろん、ケアマネージャーの資格保持者には、それなりに責任ある仕事が任されることになります。
ケアマネージャーの資格をとることで、介護業界のさまざまなポジションで仕事をすることができるようになります。上級資格であるケアマネージャーは、専門的な知識とスキルを持つものとして業界では評価されるため、転職を考える場合でも間違いなく有利です。
ケアマネージャーは、介護の調整役として責任の大きい仕事ではありますが、実際のケアマネージャーの仕事は夜勤がないため、ほかの看護職員とは異なり、意外にも時間の融通がききやすいというメリットがあります。もちろん、ケアマネージャーは忙しい仕事ではありますが、比較的家事との両立がしやすい仕事だと言えます。

ケアマネージャーが生まれた理由とこれから

介護 求人 栃木,有料老人ホーム 栃木

ケアマネージャーは、日本社会の急速な高齢化と核家族化などに対応するために、「介護は社会で支える」という仕組み作りの一環として生まれた介護保険制度により位置づけられている資格です。介護保険制度では、高齢者の自立を支援することが基本的な考え方であり、介護サービスは、高齢者の生活の向上を目指すものです。これを実現するには、サービスを利用する高齢者の声に耳を傾け、サービスに関わる各所の連携が欠かせないと考えられました。これを実現するために、潤滑油として、調整役として活躍するのが介護支援専門員(ケアマネージャー)です。
ケアマネージャーは、介護支援を行う専門家として、居宅介護支援事業所や介護保険施設で働いていますが、より地域に密着した施設に所属して活躍している人もいます。ケアマネージャーは、地域が一体となって行うケアシステムの中で、司令塔的な役割を担っています。高齢者や障害を持つ方の自立、そして社会参加が進めば、障害児などのケアマネジメントなどにも活動のエリアが広がる可能性があります。
だからこそ、今後のケアマネージャーには資質の向上が求められています。現在、ケアマネージャーの資格をめぐっては、試験制度の改革や、研修内容の見直しの動きが活発化しています。ケアマネージャーは、今後も介護の世界で重要な役割を担っていく存在ですが、臨機応変に対応する必要は出てくるかもしれません。
ケアマネージャーは、介護保険法で、その存在が定められている専門職です。高齢者や障害を持つ方の自立をサポートする人々の調整役として、彼らがスムーズにサービスを受けられるように活動しています。ケアマネージャーは、高齢化が進む日本で、今後も活躍が期待される職種です。